スポンサーリンク

持続化給付金は100万円の損失がなくとも申請出来ます。

ブログ
スポンサーリンク

持続化給付金を申請をためらっている方

持続化給付金のサイトを検索するとこの様な説明があります。

持続化給付金とは?

感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を給付します。

今回のコロナ禍で事業で100万円(個人事業者の場合)以上の損失を被った方が申請するものだと勘違いしている方が多く見受けられます。

サイトにも書かれている様に、前年同月で-50%以上の売上の減少があった方は誰でも申請出来ます。(前年度確定申告又は住民税の申告を行っている必要があるが・・・。)
普段から事業を営んで居る方は、当然確定申告や住民税国保税の申告を行って居ることが当たり前ですから、全く申告逃れをしている方は当然今回の「持続化給付金」の申請は出来ません。
その代わりたった1ヶ月前年同月-50%以上の減少のある方は、申請し100万円(個人事業者の場合)をもらえる給付金となっています。
コロナで日本政府は多額の給付金を支払っていますが、それらは何れ税金となって我々が支払うことになるので、全く躊躇せずに給付を受けましょう。

持続化給付金の悪質申請対策が始まっています。

持続化給付金を不正に給付を受ける為に、行政書士やコンサルタントがノウハウを有料にて指導しているとニュースで報道されたので今後は申請内容の精査が行われと考えられます。
簡単な売上台帳でも申請可能ですが、前年度の売上を毎月ごとに集計し減少率の分かる正直な売上を表すエクセルを無償でダウンロード出来ます。
持続化給付金の申請を自ら作成し1回で審査をクリアしたエクセル表です。
正直に申請する方はぜひ、こちらのエクセル表を利用し正々堂々と、給付金を受け取りましょう。
持続化給付金用 売上エクセルシート ←ダウンロード

コメント