スポンサーリンク

確定申告で便利な公共料金集計表

スポンサーリンク

確定申告で公共料金を集計する無料エクセルシート

白色確定申告で、毎月支払う経費を一つの表で、効率的に計算できるエクセルシートです。

白色申告は単純に経費を合計するだけだが

殆どの、個人事業主の場合は経費を単純に合計するだけですが、家庭でも使用している光熱費等については、生活費分と事業分を案分する必要があります。毎月の費用から割合を計算した結果で集計していると元の金額がいくらだったのかが分かりにくく、割合分を毎回計算する必要がありますが、公共料金はこの表を使って計算することで入力する項目を減らし、料金の推移も一目瞭然で確認できます。

 

 

毎月の経費を発生日毎に集計するのも面倒なので、公共料金などはこのエクセルシートで一旦計算すると入力の手間が省けます。

 

単純な集計表ですが、集計科目ごとに事業割合を設定するこことで簡単にまとめることが出来ます。

ダウンロードはこちらから 公共料金集計エクセルシート2019

無料エクセルシートですので、とりあえず使ってみてはいかがでしょうか?

エクセル集計機能増強

公共料金の集計と日々の売り上げも集計できるように増強しました。

 

1 日々の経費を入力

2 公共料金や携帯等の毎月の支払いを入力

3 取引先ごとの毎月の売上を入力

 

これらを入力することで月別の収支をまとめる事ができます。

 

 

経費集計表

日々の支払いを、科目毎に集計するエクセルシートです。

取り扱いの説明はこれから作成しますが、マクロなしで作ってあるので、安全安心です。

使い方

1 日付を入力

2 支払金額を入力

3 支払先を入力

4 対象の科目に「1」を入力

複数の科目に「1」が入力されていないか最後にチェック

科目毎の集計が出来上がります。

 

 

https://nande-mo.com/wp-content/uploads/2020/01/sinnkoku-20200109.xlsx

ダウンロードは↑こちら