住民税をシュミレーションできる無料エクセルシート

スポンサーリンク

所得税・住民税計算シート 無料エクセル版

所得税・住民税の概算税額を計算する無料のエクセルです。

このエクセルシートの特徴
所得税・住民税の扶養、生命保険料等の所得税と住民税の控除額を見比べて計算できるのが最大の特徴です。
これにより所得税を払う必要がなくなったと思っていても、なぜか住民税はそれなりの税金を納めなければいけないのか
疑問に思ったことはありませんか?
所得税と住民税は控除額が違うことを知らない方が多数いらっしゃいますので是非申告する前に自分で確認してみましょう。!!

  • 住民税も所得税も払いたくない!
  • なるべくお金を掛けないでエクセルで計算したい。
  • 電卓を何度も叩くのは億劫だ。
  • 扶養家族を他人に話すのは嫌だ。
  • とにかく無料で使いたい。
  • 国保税が高いので安くしたい。

上記のような方は是非ともこのエクセルシートをご利用ください。

  • 注意:市民税と県民税のそれぞれの計算を行っていないため100円の誤差が発生しますがご理解ください。
  • 所得税の計算はおそらく合っています。・・・たぶん。 住民税の計算もおおよそ合っていると思います。

所得税を計算するツールやHPはよく見かけますが、住民税を計算するツールはそれほど多くはありません。
住民税の計算方法、控除額が分からないため損をしている場合がありますので、このツールを使用して確実に節税をしましょう。所得税と住民税の両方の控除額等を検討しながら完璧な節税を目指しましょう。
所得税は非課税なのに住民税が課税される。扶養家族がいるけど所得税が非課税になったので扶養つけなかった。そんな方はもう一度、扶養を見直して計算してみてはいかがでしょうか?

計算は多分合っているようですが使用する際は自己責任でお願いします。

所得税住民税計算シート[エクセル] H30年2月15日申告分←こちらから無料ダウンロードできます。

所得税住民税計算シート[エクセル] H29年2月15日申告分

所得税住民税計算シート[エクセル] H28年2月15日申告分

所得税住民税計算シート[エクセル] H27年2月15日申告分

※復興関連増税について修正しました。(所得税、住民税共)
※再度 復興税率計算修正 その他も修正しました。

所得税・住民税について

所得税は1/1から12/31までの間に得た収入から経費や控除を引いてそれに所得に応じて税率が掛けられ、3/15日までに申告して一括(高額の方は分割)で納めます。
住民税は1/1から12/31までの間に得た収入から経費や控除を引いてそれに所得に応じて税率が掛けられ、特別徴収のかたは12分割されて6月から翌年度の5月まで勤め先の給与から天引きされて納めます。
普通徴収の方は6月頃に市役所から届いた納付書によって4回に分けて納めます。

  • 住民税の課税資料を元に国保税、介護保険、保育料、公営住宅などの料金も決定されますので生活への影響は大きいので注意しましょう。
  • 住民税の均等割りは各自治体によって違いますので、前年度の納付書を確認して設定するとより正確な税金が計算されます。

来年度の申告(H31年2月申告分)から配偶者の扶養控除額が変わります

配偶者の給与収入が150万円以下までは控除額が38万円となり配偶者の103万円の壁が150万円の壁となり、配偶者のある世帯では多少の節税効果がある変更点となります。

これに伴い配偶者特別控除も変更になりますので、その点にも注意が必要です。

社会保険の130万円の壁はそのままですので、配偶者の給与収入が130万円を超えた場合には夫の社会保険の扶養には入れなくなるので、国保や社会保険に加入しなければいけません。

市役所から届く税額との相違について

注意!!

  • このエクセルツールは所得税住民税を計算しますが、細部の計算方法の違いから計算結果が違う場合がありますが、あくまでも概算を計算するものであると割り切って使用して下さい。このツールの使用により生じたいかなる弊害についても一切の責任は負いかねます。
  • 計算結果が違う場合など間違いがありましたらメールにて指摘してください。時間があれば修正いたします。
スポンサーリンク

フォローする

注意事項
当サイトにおけるコンテンツ提供は、利用者の皆様の参考となる情報の提供のみを目的としたものであり、真偽性や正確性を保証するものではありません。すべて利用者の自己責任で利用し、当サイトの利用により発生した損害その他一切の責任を負いません。