医療費控除 矯正治療やインプラントも

医療保険対象外でも医療費控除にはなりますよ

確定申告での医療控除ですが、歯科矯正治療やインプラントも対象になることを知らない方が沢山いるようです。成人の美容を目的とする矯正治療は対象にはなりませんが、子供の矯正治療はほとんどの場合対象となります。(成人でも医師の診断書があれば対象となります。)矯正治療は長期間で高額な場合が多いので忘れずに申告しましょう。

歯科矯正は治療前に一括で払える場合もあるので、年末に支払うことにより来年の税金を大幅に減らすことが出来ます。

私も昨年子供の歯科矯正を行う際に確認しましたので、絶対お勧めの節税対策です。

医療費控除の確定申告は忘れずに
※医療費控除の用紙は過去の用紙でも問題なく使えます。(2017/12/4確認済み) 平成29年2月15日からの申告分から、領収書の提出...

こちらのサイトで無料で簡単に計算できるエクセルツールを用意していますので、確定申告で税金を還付しましょう。

確定申告することによって、所得税はもちろん住民税も安くなりますので申告は忘れずに。