確定申告書で還付 医療費控除集計フォームの入力

確定申告書での医療費控除の入力方法

今年から支払った医療費全てを記入しなくとも良くなり、医療費の通知を添付することで、医療費控除の明細を省略する事ができるようになりました。(領収書は自宅で保管(5年間))

自分で確定申告書へ記入して提出する場合は、当HPのエクセルで作成したものを1枚提出するだけで、医療費控除の書面の作成が可能となりました。

国税庁のサイトで申告書の作成をする場合も大分簡単になり、計算した合計額を入力するだけでも提出できますので、そちらを紹介します。

医療費控除の確定申告は忘れずに!還付は確実に!
※医療費控除の用紙は過去の用紙でも問題なく使えます。(2017/12/4確認済み) 平成29年2月15日からの申告分から、領収書の提出...

国税庁の確定申告書作成コーナーの上手な使い方(医療費控除)

印刷して提出(郵送)(マイナンバーカードが無くとも入力できます。)

国税庁のサイトです。↓

https://www.keisan.nta.go.jp/h29/ta_top.htm#bsctrl

「申告書・決算書・収支内訳書等作成開始」をクリック

「書面で提出」をクリック

パソコンのOS、ブラウザを確認「下記のチェック項目」ポチ!

「事前準備終了 次へ」をクリック

所得税コーナーをクリック

給与のみの方は「給与・年金の方」「作成開始」をクリック

書類が揃っていれば「次へ」をクリック

成年月日を入力して「次へ」をクリック

給与のみのかたはチェックをポチ「次へ」をクリック

給与が一箇所からの方は一箇所で年末調整済みの方は選択して「次へ」をクリック

年末調整を行ってい無い方は、下記のとおり選択してください。

給与を入力 ポチ

源泉徴収票の内容を入力「次へ」等ですすむ

源泉税額及び社会保険料や各種控除内容を「源泉徴収票」のとおり入力

訂正がある場合は再度入力できます。

適用を受ける控除の選択(医療費控除)ポチ

医療費控除

医療費の合計金額のみ入力を選択

医療費控除

医療費の合計金額のみ入力を選択

計算結果も表示されました。

エクセルで作成した明細を添付

印刷したものを確定申告書へ添付して税務署へ提出するだけです。